筋肉のエンタメ

筋トレをするのは 朝? 夜?それぞれのパターンの効果について徹底解説!

更新日:

同じトレーニングでも行う時間帯で効果は違うの?

今回はに鍛えるメリット夜に鍛えるメリットそれぞれの違いについてお伝えしていきます。

筋トレ 朝にするメリット

朝にトレーニングをすると体温上昇に必要な時間が短くなり、代謝の高い時間帯を伸ばすことが出来ます。

結果的に1日の基礎代謝によるエネルギー消費が増えます。

さらに、筋肉の成長を促したり、体脂肪を燃焼させる働きのある『テストステロン』と呼ばれるホルモンが分泌されやすくなります。

テストステロンには決断力・判断力・集中力などを高める効果もあり、朝から仕事や学業を効率的に行うことができるのです。

朝起きるとしばらく頭がボーッとする。
昼にならないと体の調子がでない人もいるんじゃないでしょうか?

人間の体は起床してから徐々に体温が上がっていき、夕方をピークにして徐々に下がってきます。

同じように身体機能や頭の働きも体温の上昇とともに活発になります。

でも今日は朝から頭をフル回転させたい!
朝から大事な試合がある!

そんな日の朝に腕立て伏せ・スクワットで軽く筋肉に負担をかけてあげると、早く覚醒状態へ体を持っていくことができるんです。

朝トレのメリット

1日の中で代謝が高い時間帯を増やせる

早い時間から体をパフォーマンスが高い覚醒状態に持っていける

テストステロンの分泌が活発になり決断力・判断力・集中力がアップ

筋トレ 夜にするメリット

夜にトレーニングをする場合は朝と違い、体のコンディションがある程度整っているのでウォーミングアップの時間を短縮することが出来ます。

さらに、夕方や夜は食べ物が消化吸収された後に取り組めるので体にエネルギーが十分ある状態から全力で筋トレをすることが出来ます。

朝起きてすぐは体内にエネルギーがない飢餓状態なので激しい運動は満足に出来ません。

夜の方がコンディションを整えられているので、いい状態で筋トレができると言えます。

コンディションが整えやすいということはより強度の高いトレーニングをする事ができるという事。

目的の筋肉をもう1セット余分に鍛えたり、少し重量をあげて鍛えるなど刺激を変化させて、より成長が期待できる質の高いトレーニングが可能になるんです。

夜トレのメリット

運動前のウォーミングアップ時間が朝と比べて短縮できる

体にエネルギーが十分ある状態で鍛えられるから自分の全力が発揮しやすい

エネルギーが十分ある事で、より強度の高いトレーニングができる

まとめ

朝のメリットは

朝トレのメリット

  • 代謝量アップ
  • 早い時間帯から体のパフォーマンスが高い覚醒状態に持っていける
  • テストステロンの分泌で判断力・決断力・集中力がアップ

 

夜トレのメリット

  • 朝と比べてウォーミングアップの時間が短縮できる
  • 体にエネルギーが十分ある状態だから、自分の全力が発揮しやすい
  • 限界ギリギリで鍛えれるから、より強度の高い筋トレに挑戦できる

「朝」と「夜」それぞれ違うメリットが存在するので、あなたの生活スタイルや体調に合わせて今回の知識を活用してみてください。

Twitterで最新情報をGET!

-筋肉のエンタメ

Copyright© マッスラーサイト , 2019 All Rights Reserved.