筋肉のエンタメ

「筋肉痛は必要ない?!」筋肉痛の原因とは?

更新日:

動をした次の日に襲ってくるものと言えば筋肉痛ですよね。
でも、翌日に筋肉痛にならなかったり体に違和感がないと

『あれ?おかしいな・・・』
『トレーニングが効いてないかも・・・』

と胸に変なモヤモヤが残ったり、

逆に筋肉痛が激しいと
「よし!しっかり鍛えれた!」
と痛みに対して喜びを感じるドM体質になってしまうことってありませんか?

今回は筋肉痛のある・なしに筋トレ効果はどう影響してくるのかをお伝えしていきます。

筋肉痛なし=効果ゼロは「間違え」

筋肉痛にならなかったからといって
あなたが行ったトレーニングが全て無意味になるなんて事はありえません。

筋肉痛の有無がトレーニングの成果の目安にはならないんです。

筋肉は鍛えた分だけ疲労と回復を繰り返して強くなるし成長もしているので安心してください。

筋トレ方法を間違えていたり質の悪いトレーニングをしていると筋肉痛にならない
といった場合もありますが、正しく筋トレをしていても筋肉痛が起こらないことも勿論あるんです。

まずは筋肉痛の起こり方をあなたに知ってもらいます!

筋肉痛のメカニズム

実を言うと筋肉痛のメカズムは科学でも完全には分かっていないのが現状です。

もっとも有力とされている仮説は、筋トレをして傷ついた筋繊維から漏れ出した組織液が「閾値(イキチ)」を低下させることで痛みを感じるという説です。

閾値(イキチ)とは痛みの感じにくさのことで、
閾値が高い肘や膝の部分はつねっても痛みを感じにくく、閾値が低い乳首などは痛みを感じやすい部分と言えます。

筋肉にできた傷口から漏れ出す組織液が閾値を低下させ、
その結果、少し動かしただけでも強い痛みに感じてしまうようになるのです。

運動を始めた初期は、神経系の適応ができていないので、筋肉が急な伸縮に対応ができずに破壊されて閾値が下がって一時的に痛みの感度を狂わせますが、
神経系が発達すれば筋肉が急な動きにも対応できるので閾値の乱れにくくなり激しい筋肉痛が起こりにくい体になります。

筋トレを年単位で続けていけば筋肉痛になる頻度は低下していきます。

筋肥大に1番大事なこと

1番大切なことは筋肉をトレーニングで限界まで追い込み
「もう腕が乳酸でパンパンになって上がらない」
そんなオールアウト状態になるまで完全に肉体を疲労させる事が出来るかどうかです。

オールアウトさえ出来ていれば筋肉は順調に成長し続けるので、
その過程で起きる筋肉痛はあくまでも副産物に過ぎないのでそこまで重要視しなくてもいいのです。

激しい筋肉痛になったら

もし痛いのを我慢してトレーニングをしても、筋肉の成長にそのまま繋がるわけではないので注意してください。

筋肉痛が激しいという事は、それだけ筋肉の損傷と疲労が大きい証拠なので、
無理にトレーニングをして関節を痛めたり肉離れを起こす危険があります。

筋トレのやり過ぎという場合もあるので、
もう1日休養をとって翌日改めて筋トレにトライするのがオススメです。

まとめ

筋肉痛にならない=しっかり鍛えれていない
と思いがちですが筋肉痛になる・ならないは筋肉の成長にとって重要なポイントではありません。

1番重要なことは筋肉を完全に疲労させるオールアウトできたかどうかなので、筋トレ中に筋肉を正しいフォームでしっかりと収縮運動させることが出来ていれば不安に思うことは何1つありません。

筋肉痛の有無は筋トレの効果とは無関係

オールアウトさせることが筋肉を成長には1番大事

この2つのことを、頭の片隅で覚えておけば、筋トレをした翌日に筋肉痛がなくても胸にモヤモヤが残ることはないので安心してトレーニングを続けていってください!

-筋肉のエンタメ

Copyright© マッスラーサイト , 2018 All Rights Reserved.