食事で筋肉を増やす

【プロテインでシェイク作り】一瞬でオリジナルシェイクに作り変える方法!

更新日:

『プロテインを毎日飲んでて飽きないの?』と質問されることがあります。

もやし君
1ヶ月以上同じ味だと僕は飽きます!

最近ではチョコ・抹茶・ブルーベリーケーキ・シナモンなど、アイスやケーキと同じくらい様々な味の種類のプロテインパウダーが登場していますが飽きるときは飽きますよね。

今回はプロテインを好きな味や飲みごたえにアレンジして、あなた専用のドリンクを作る方法を紹介していきます!

ヨーグルトを入れてシェイク風にする

ヨーグルトはプロテインと同じ原料、牛乳から作られており混ぜ合わせるメリットもあります。

メリット

腸内環境が良くなる:タンパク質の摂取量が増えると悪玉菌を増える傾向があります。プロテインを飲み始めて便秘になりやすくなった。そんな場合は悪玉菌が増えているかもしれません。

ヨーグルトには乳酸菌や善玉菌が含まれているので、一緒に摂取する事で腸内環境を良くすることができます。

フルーツのすり身をヨーグルトに加えて飲むのもオススメです。

ヨーグルトを開けた時に上に浮いている透明な液はプロテインとほぼ同じ成分なので捨てずに摂取するといいですよ!

冷やすことでシェイクのような、ねっとりとした飲みごたえのあるものにも変えれます。

溶かす飲み物を変える

プロテインパウダーの味は変えられなくても、溶かす飲み物を変えてみるのも1つの方法です。

野菜ジュースに混ぜるとスッキリとしたあと味になり、違った美味しさを楽しめるようになります。

ただし野菜ジュースはカロリーが増えるので減量中やダイエット時には注意して飲むようにしてください。

ブラックコーヒーにチョコ味を混ぜてみるのもオススメです。

筋トレ前にカフェインを摂取すると集中力が高まるので、1時間前に飲むのがいいでしょう。

ホットコーヒーで飲むとプロテインパウダーがダマになりやすいので量は少なめにしておきましょう。

フルーツと野菜を加える

ミキサーの中にプロテインパウダーと一緒に好きなフルーツを混ぜる事で、ビタミンが増えて体の回復に役に立ちます。

野菜もミキサーにかけることで摂取しやすくなるので、栄養バランスも整って筋肉の回復も効率的に行えるようになります。

オススメの食材

柑橘系フルーツ・キウイフルーツ・りんご・ブルーベリー・いちじく・ブロッコリー・トマトなど

ハチミツと一緒に

筋トレをした後は筋肉のエネルギー源であるブドウ糖が枯渇している状態です。

そこで一早く体を回復させには、プロテインと一緒にハチミツを混ぜて、筋肉を合成させるタンパク質と一緒に糖分を補給させてあげましょう!

タンパク質:糖質の比率が1:3だと吸収効率が最大限になるという実験データがあります。

運動後のプロテイン摂取量の目安は体重の1/6の量なので、70kgなら12g弱。

糖質がすでにプロテインの中に含まれているタイプもあるので、初めからそういったプロテインを買うのも1つの目安です。

まとめ

  • ヨーグルトを入れると、善玉菌が増えて腸内環境が良くなる
  • 溶かす飲み物を変えて、あと味や筋トレ前の集中力を高める
  • フルーツ・野菜を加えてビタミンアップ
  • ハチミツを一緒にを加えて、疲労回復力のアップ

アレンジ次第では筋トレ効果栄養バランスを劇的に良くする事が出来て、飽きることなく飲み続けることができるようになります。

トレーニングに対する楽しみ方を増やすのも成功へ繋がる道の1つなので、是非あなたに合うと思ったアレンジを試してみてくださいね。

Twitterで最新情報をGET!

-食事で筋肉を増やす

Copyright© マッスラーサイト , 2019 All Rights Reserved.