筋肉のエンタメ

最強ダンベル!家トレなら「可変式ダイヤル」と「スピンロック」どちらを買うべき?

更新日:

ジムでマシンが空いてない時や家トレでも、ダンベルさえあれば「肩・胸・腕・背中・足」と身体のどの部分でも鍛える事ができます。

本記事でダンベルの最新版とも言える
「可変式ダンベル」について比較・レビューをしていきます。

家トレを検討している方にも、きっと役立つ情報です。

可変式とスピンロック式の違いは?

可変式と取り替え式の比較

項目可変式ダンベル1セット
(片方:MAX24kg)
スピンロック式ダンベル1セット
(片方:MAX25kg)
価格2万円代1万円代
重量変更15段階10段階
プレート交換にかかる時間約5秒(2秒×2本)約101秒(50秒×2本)
シャフト交換約41cm約40cm
メリット・重量変更がとても早い
・筋トレ中にナットが緩んだりしない
・膝の上に縦方向でダンベルを乗せても痛くならない
1本のシャフトにプレートを何枚もつければ、
 可変式より高重量で鍛えれる
デメリット専用台座に戻さないと、重量が変更できない。 ・トレーニング中にナットが緩みやすい、
 プレートが落ちたりする

・ナットが緩むと、プレートが衝突して
 『ガンガンという音』響いて集中できない

2つのダンベルの決定的な違いは重量変更にかかる時間です。

トレーニングに集中する程、それ以外の重量変更などは楽に素早く済ませたい」というのが僕たちトレーニーの本音だと思っています。

ドロップセット中などは、モチベーションに波を起こさず集中して鍛えたいですよね。

短時間で集中して鍛える!ダンベル1つで質の高い筋トレすぐに始めたいなら、ダンベルは慎重に選びましょう!

筋トレ歴5年の知り合い

スピンロック式は、筋トレ中のナットの緩む点が使うほど気になってくる。

という感想も貰いました。

僕がダンベルを選ぶときのポイントは以下の4つです。

選ぶポイント

  1. 使いやすさ
    インターバルが短いので、重さ変更の時間を極力削りたい。
  2. 重さのバリエーション
    全身の筋肉を鍛えたいから、いろんな重さを使いたい。
  3. 信頼
    部品の故障やトレ中に緩むなど、余計な心配をしたくない。
  4. コスパ
    筋肉は付けたいけど、金銭的にもお得に鍛えたい。

家トレのクオリティUP!

家トレのメリットは、雨の日やジムに行く時間がない時に自宅で素早く筋トレが始められることです。

普段からジムに通っていても、家でジムと同じくらい筋肉を追い込むことが出来るなら、その方がいいですよね。

プロテイングローブなど、筋トレは様々なものが必要になります。

もやし君
それでも良い器具を揃えたい!

そんな要求に答えてくれるアイテムが、可変式ダンベルです。

可変式ダンベルが人気!

可変式ダンベル 最大の特徴は、数秒でダンベルの重量を10段階以上も変更できる点です。

  • 肩を鍛える場合は3〜16kg
  • 胸を鍛える場合は10〜20kg
  • 腕なら10〜16kg
  • 背中や足を鍛える時は18〜22kg

自分のコンディションに合わせた重量変更がダンベル1つできます。

似た種類のダンベルで可変式ブロックダンベルというモノもあり、実際にそれを置いているジムもあったりします。
便利で使いやすいという点で今人気が出ているのです。

可変式ダンベルで理想の家トレ

ジムと家トレの最大の違いは、置いてあるトレーニング機材の種類です。

家にマシンを置くのは難しいですが「ダンベルの重さの種類を増やす」あるいは「ダンベル+ベンチを置く」どちらかが実現するだけで、家トレの質とメニューの幅は格段によくなりま

可変式ダンベルの使用例

  • アップで2〜5kgのダンベルを使い、肩のトレーニングならメインで12〜20kgへ重量変更。
  • ベンチまたはストレッチマットの上で、お尻を浮かせた状態でダンベルプレスを行うことで、割れた腹筋と大胸筋の境目を強調する、大胸筋下部を鍛えることもできます。
  • 高重量から徐々に重量を下げて限界まで筋肉を追い込む、ドロップセットも可変式なら可能です。


コアラ小嵐さんの動画より

Motions式ダンベルがオススメ!

僕がいま使用しているのは、
Motions(モーションズ)というメーカーの可変式アジャスタブルダンベルです。

オススメの理由

  1. ダイヤルを回して2秒で重量変更
    スピンロック式のナット固定ではないので筋トレ中にプレート揺れてが外れたり、うるさい音を立てることがない。
  2. 15段階(2.5〜24kg)の可変式
    肩・胸・腕・背中・足と全ての部位をダンベル1つで鍛えることができる。
  3. ネット購入者のレビュー評価が高い
    メーカーも信頼でき、器具にもしっかりと保証期間が設けられている。

さらにダンベルを購入すると、特典で「トレーニンググローブ」が付いてきてお得。

Motionsダンベルを詳しく見る

ダンベル選びに悩んだら

もやし君
長い目で筋トレを続ける将来を考えてみよう!

1年後もその重さのダンベルで、満足いくトレーニングが本当にできるのか?

『今買ったらダンベルが、半年後にはもう軽すぎてトレーニングにならない』なんて事になるのは悲しいですよね。

因みにゴールドジムなどに置いてある「シルバーのクロームダンベル」は1kg2本セットで5,400円もします。

それを2kg〜10kgをセットで買うと20万円、20kgまで揃えると49万円もかかるんです。

世界的なジムのダンベルは、イイもの使ってるね!
もやし君

そう思うとMotions式ダンベルはコスパもよく買ってもイイかなと僕は思いました。

Q&A(Motionsダンベル)

もやし君
グリップに付いてるゴムは、しっかりしていますか?

滑らないし、握りやすい形状になっているぞ!
ゴリゴ師匠

もやし君
重量変更はスムーズにできますか?

重さ変更は2秒で出来る。
ゴリゴ師匠

さらにダイヤルが『カチカチ』と各重量ごとに止まり、変更時にイラ立つこともない!
ゴリゴ師匠

もやし君
プレートが外れそうになったりしない?

ダンベルには専用台座が付いてくる。
ゴリゴ師匠

台座にある専用の『爪』がダンベルに触れないと、プレートは外れない設計だ!
安心できる。
ゴリゴ師匠

もやし君
ショルダープレスをする時にダンベルを膝に一旦立てるけど、乗せても痛くならない?

ダイヤルの側面は平らになっていて、膝の上に立てても平気だ。
ゴリゴ師匠

もやし君
アーノルドプレスはやれる?

24kgセットで試したが、できたぞ。
ゴリゴ師匠

もやし君
サイドレイズをする時、プレートの音うるさくない?

プレートがずれないから静かだ。
夜にトレーニングをしても、気になる程の音はでない!
ゴリゴ師匠
ナット固定じゃないから、プレートが緩んで暴れることもないぞ!
ゴリゴ師匠

まとめ

可変式アジャスタブルダンベルでトレーニングをすると、重量変更がスムーズに行えて、時短で質の高い筋トレをする事ができます。

ダンベル選びのポイント

  • 使いやすさ
  • 重さのバリエーション
  • 安心して使える信頼性
  • コストパフォーマンス

Motions式ダンベルは、ダイヤル式の可変式ダンベルでプレートの交換が片方約2秒でできます。

半年後・1年後も筋トレを続けていると考えてみてください。

有名ブランドのBowfiex(ボウフレックス)とほぼ同質なのに、価格が半分以下に抑えられているMotions製品。

使えば筋トレの短縮時間と、家トレ質がグンッとアップするのでオススメします。

Motionsダンベルを詳しく見る

Twitterで最新情報をGET!

-筋肉のエンタメ

Copyright© マッスラーサイト , 2019 All Rights Reserved.