お知らせ

『減量・ダイエット』始める前に知っておくと役立つ情報!

更新日:

Twitterで「痩せたいです。どうすればいいでしょうか?」と質問をいただく事があります。

出来る限りアドバイスを返信していますが、あなたは自分が太ってしまった原因を深く考えたことはありますか?

「う~ん…運動はしてるのに...」
「でも太ってしまうんです...体質でしょうか?」
と答えがすぐに浮かばないこともあると思います。

本記事では、僕が肉体改造を続けていく中で気づいた基本だけど最も大切なポイントを紹介していきます。

減量・ダイエット 運動してるのに痩せれない

『ちゃんと運動はしている!』でも太る・・・

原因の多くは運動量ではありません。

食事にあると思ってください。

僕は1ヶ月間運動が全くできない状態で入院した経験があります。
その時、体重は増えるどころか減っていきました。

世の中にはベッドで寝たきりの方や、1ヶ月以上入院で動けない人もいます。

彼らは運動がしたくても、ほとんど出来ません。
でも、”病院に入院して劇的に太った”なんて人はまずいないです。

1日3食、決まった時間に食事をすることが1つのポイントです。

減量・ダイエット 体質で痩せれない

『体質で痩せにくいかも・・・』

太ってしまいやすい人は、食事をするとインスリンが大量に出てしまう体質の場合があります。

インスリンとは

食事をすると、その栄養を筋肉や脂肪など全身の細胞に届ける為にインスリンが分泌されます。

ところが炭水化物など糖質を多く含むものを大量に食べると、それに比例してインスリンが大量に分泌されます。

すると細胞へ過剰に栄養が運ばれてしまい、代謝や運動で消費されなかった分は脂肪として蓄えられてしまうのです。

でも体質という理由だけで諦められませんよね。

食事は20〜30分かけてゆっくり食べるか、炭水化物を少なめにする事が1つのポイントです。

減量・ダイエット 代謝量

『代謝が違うから痩せれない・・・』

代謝量は確かに個人差があります。

しかし、その差はクッキー5枚ほどで簡単に埋まってしまいます。

想像してみてください。
痩せている「あの人」が影でストイックに毎日運動をして、ダイエットを頑張っていると思えますか?

ちょっと想像がでいないですよね。

ちなみに今日から出来る代謝量UPの方法を紹介しておきます。

代謝量を簡単に上げる方法

  • 伸びなど軽いストレッチで朝、筋肉に刺激を与える
  • コップ1杯分でいいから水を多く飲む(1日2Lが適切な摂取水分量)
  • 夜、湯船に肩まで浸かる

今出来ることを少しずつ続けることで代謝量はUPしていきます。

減量・ダイエット まとめ

ここまで「運動」「体質」「代謝」とそれぞれ説明してきましたが、察しのいいあなたはもう分かってしまったのではないでしょうか。

太ってしまう理由

それは『食べ過ぎ』です。

ボディービルダーなど肉体改造の専門家たちが、1番痩せる為に大切だと言っているのが食事量です。

そして今日の食事を思い出してみてください。

あなたは間食や多めの食事をとっていませんか?

それらは全て太る努力になってしまっています。

嫌ですよね。

なぜならあなたは痩せたいのだから

痩せる為には、まずは食べる前にコップ1杯の水を飲むなど意識改善をしてみましょう。

  • 1日3食を決まった時間に食べるようにする
  • 1食20〜30分かけて食べて、炭水化物の量を減らす
  • 肩まで浸かる入浴・飲む水分量を増やして代謝をUPさせる

食事の栄養バランスや量を直しただけで見た目に変化が現れる人は大勢います。

思考、考えの改善からあなたの理想の肉体への変身は始まります。

ぜひ一度、食事に対する考えを見直してみてくださいね。

Twitterで最新情報をGET!

-お知らせ

Copyright© マッスラーサイト , 2019 All Rights Reserved.