腹筋をバキバキに割る

今流行りの腹筋アブローラー持ってないけど家で腹筋をバキバキに割る方法はコレ!

更新日:

鍛えても割れない腹筋

ず〜〜〜っと腹筋をしていても
一向に割れてこないと嫌になりますよね。

僕もなかなか腹筋が割れずにいてこれはもう無理だろ(笑)
と半分諦めかけていました。

腹筋が6つに割れている人を見ると
めちゃめちゃ羨ましかったです。

家に腹筋ローラー(アブローラー)なんて持っていない僕は
『あれ買わなくちゃ腹筋割れないのか...』
『でも、それだけの為に金払いたくねー!』

そんな時、僕の頭にあるアイデアが浮かびました。

そして、それが僕の腹筋が割れるきっかけになったので今回はその話をしますね!

[toc]

腹筋は痩せるだけでは見えない

そもそも割れた腹筋は
脂肪を落として痩せただけではハッキリとは見えません。

ガリガリで肋骨まで見える人は例外ですが基本は腹筋も鍛えなくては皮膚に隠れて6つに割れた筋が見えてこないのです。

では、6つに割るにはどうすればいいか?

それは「腹直筋」「腹斜筋」と呼ばれる2つの筋肉を鍛えるのです。

この2つを同時に効率よく鍛えられるのが腹筋ローラー(アブローラー)なんですが、
僕は持っていなかったので「椅子」で代用しました(笑)

椅子の足に移動用のローラーがついた物は形こそ違いますが、ほぼ腹筋ローラー(アブローラー)と同じ役割をしてくれるんです!

動くローラーが付いていれば
なんでもOKなので、
台車やスケボーでも代用はできますよ。

体験したことのない刺激

初めてローラーで腹筋を鍛えた時はめちゃめちゃ腹筋に効いて次の日の朝に起き上がるのが痛かったです。(笑)

ローラーを使って
腹筋を伸ばして収縮させる。

たったこれだけのことなのですがめちゃめちゃ腹筋に効きました。

トレーニングの強度に関しては動かすスピードや腹筋をどこまで伸ばすかなど自由に自分で調整できるので心配いりません。

上級者、初心者関係なく刺激的なトレーニングができるので安心してください。

ヒザコロ、立ちコロ、自分のレベルにあった鍛え方でやってみてください。

まとめ

いつもの腹筋運動だけでは腹筋が割れないと悩んでいたら「腹直筋」「腹斜筋」同時に鍛えられるローラーを使ったトレーニングをしてみましょう。

今までとは違う腹筋の奥深くまで鍛えられる感覚があって刺激の強さ、強度も十分なのでピンポイントで腹筋が鍛えられます。

是非、あなたのお腹を刺激的に鍛えてみてください!

-腹筋をバキバキに割る

Copyright© マッスラーサイト , 2018 All Rights Reserved.